注文住宅を建てるまでの流れを分かりやすく解説>>

【リビング編】間取りで失敗しないためのおすすめポイント紹介!

リビングの間取りおすすめポイント

・リビングの間取りはどんな感じがいい?
・リビングの間取りのおすすめポイントは?
・間取りの実例が知りたい!
・実際に住んでる人の話が知りたい!

こんな疑問や要望に答えていきます!

本記事の内容
  • リビングの間取りおすすめポイント
  • 失敗しないための間取り無料作成サイトを紹介

注文住宅は間取りが自由で、どんな風にするのがいいか悩みますよね。

筆者も間取りを決める時はとても悩みました

夜な夜な紙に大枠描いて、いろいろ間取り描いて考えてました。笑

実際に注文住宅を建てた筆者の経験をもとにリビングのおすすめポイントを紹介していきます。

注文住宅に限らず、建売住宅やマンションを検討してる人も間取りを考える上で参考になるので、ぜひ最後までご覧ください!

間取りで後悔したくない人は、注文住宅の間取りで後悔しない方法を徹底解説!【間取りで悩んでいる人へ】もぜひご覧ください。

リビング以外の間取りについても他の記事で紹介しています。
玄関の間取りの失敗例を活かして最高の玄関にしよう!【玄関は家の顔】
【WIC編】間取りで失敗しないためのおすすめポイントを紹介!
トイレの間取りで後悔しないために、後悔ポイントと対策を徹底解説!
納戸の間取りはどう決める?広さが重要!【後悔したくない人は見て】

また、注文住宅を建てる流れをマイホームができるまでの流れを完全網羅!【保存版】で紹介しているのでぜひご覧ください!

目次

【リビング編】間取りのおすすめポイント

リビング

リビング間取りおすすめポイントは、

・広い空間をつくる
・収納をつくる
・キッチンから全体が見える配置にする
・家族が「おかえり」「ただいま」を言える配置にする

順番に説明していきます!

広い空間をつくる

家の中で、

  • 一番滞在するスペース
  • くつろぐスペース

であるリビングは、広くすることをおすすめします!

リビングの過ごしやすさは、家の住みやすさに直結します。

筆者の家も、実際に広い空間をつくったことで、家族でゴロゴロまったりできるし、親や友達が来た時も窮屈感がなく、快適です

また、子どもがおもちゃや本をとっ散らかして、自由に遊んでいるので子どもにとっても良かったなと思います!

収納をつくる

以前、リビングに採用してよかったことで紹介しましたがリビングに収納があるととても便利です

よく使う日用品(ハサミやのりなど)を入れておけば、出したい時にすぐ出せます。

また、郵便物などもまとめてしまっておけるので便利です!

キッチンから全体が見える配置にする

1階の間取り全体に関わってきますが、キッチンからリビング全体が見えるようにしておくことをおすすめします!

ご飯の準備をする時などに子どもの様子をちゃんと確認することができるからです。

筆者の家は、リビングと和室がありますが、どちらもキッチンから見えるようになっているので子どもの遊んでいる様子もお昼寝している様子もしっかり確認できて安心です!

筆者の家のざっくりの間取りになります。

リビングの間取りおすすめポイント

また、筆者は皿洗いが好きではないので、リビングのテレビを観ながら皿洗いができるというところもおすすめポイントです!笑

ちなみに、リビングからベランダも見えるので庭のウッドデッキや人工芝が見えていい感じです。

家族が「おかえり」「ただいま」を言える配置にする

家にいる人が、家族が帰宅したのが分かるようなリビング配置にするということです。

筆者の間取りは、玄関からリビングに繋がります。

そして、リビングを経由し、洗面所やトイレ、2階への階段に行けるようになってます。

リビングの間取りおすすめポイント2

理由は、誰かが家に帰ってきた時にちゃんとコミュニケーションをとれるようにするためです!

例えば、マンションは基本的に玄関、廊下があり、1番奥にリビングがあり、途中に各1人1人の部屋がある間取りが多いです。

その場合、子どもが帰宅して誰とも顔を合わせることなく自分の部屋に行ってしまうことができます

筆者は、家族のコミュニケーションを大事にしたいので、帰ってきたらしっかり顔を合わせられるようなリビングの配置をおすすめします!

これに関しては、自分が子どもの場合(中高生とかの思春期時代)はちょっと嫌かもしれません。

帰宅して、「おかえり」「ただいま」を言ったり、いろいろ聞かれたりするのは。

小っ恥ずかしいような、うざいような、、、笑

ですが、ここは家を建てる筆者の想いを尊重させていただこうかなと思いました!笑

間取りを無料で作成してもらえるおすすめサイトの紹介

・マイホーム購入を検討している人
・ざっくり費用だけでも知りたいよ~って人
・自分の希望からオリジナル間取りを作ってもらいたい人

そんな方々にはタウンライフ家づくりというサイトがオススメです。

実際に筆者も家を建てると決めたときに見積依頼・図面作成してもらいました

おすすめポイント
  • 希望に合わせた間取りを作ってもらえる
  • どのくらい費用がかかるか把握することができる
  • 複数社の提案を比較することができる
  • 簡単に見積依頼出来て、しかも無料

詳しい内容が気になる方は、タウンライフ家づくりのデメリットは?間取りゲットのポイント紹介!で紹介していますので読んでみてください。

無料で簡単に利用できるので軽い気持ちでぜひ利用してみてください!

\ たった3分!簡単無料でできる!/

まとめ:リビングの間取りおすすめポイント

リビング間取りおすすめポイントは、

・広い空間をつくる
・収納をつくる
・キッチンから全体が見える配置にする
・家族が「おかえり」「ただいま」を言える配置にする


筆者は家の中で1番滞在するリビングを中心に間取りを考えました

人によって重要視するところは違うので、自分なりのこだわりポイントを持って、間取りを考えることが一番良いです!

間取りを考える際は、まずはマイホームを建てるなら希望リストを作ろう!便利で役立つアイテム!を見て、希望リストを作ることをおすすめします!

また、注文住宅は高額な費用がかかるので、注文住宅だからこそコストダウンすべき!厳選ポイント7選!を参考に、コストダウンも検討してください!

しっかり考えて後悔の無いように間取りを選んでください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • URLをコピーしました!
ふなふな
当サイトのオーナー
・2児のパパ
・Twitterフォロワー1000人以上
・FP2級の資格持ち
・設計業務経験(現役)
・新築一戸建ての暮らし

これから注文住宅を建てる人に向けて、「満足できる注文住宅にするための手助けをする」をコンセプトに運営しています。
ぜひ参考にしていってください!

コメント

コメントする

目次
閉じる